映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ナルニア国物語/第2章 カスピアン王子の角笛】夢の世界の限界

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian


  

 

監督: アンドリュー・アダムソン

キャスト: ベン・バーンズ、ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、アナ・ポップルウェル、ウィリアム・モーズリー、リーアム・ニーソン、エディ・イザード、セルジオ・カステリット、ピーター・ディンクレイジ、ワーウィック・デイヴィス、ヴィンセント・グラス、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ダミアン・アルカザール、ケン・ストット、ティルダ・スウィントン

 

公開: 2008年5月21日

 

前回の第1章では、ぐたぐたの感想を書いていたこの私も、今回は、見に行く前から、ちょっと気合いが違います。

何せ、前回はイケメン度0%だったナルニアも今回はカスピアン王子がいるハート.gifイケメンがいる。。ハート.gifと言うのは、こんなにも気合いが入るものなのか。。。

期待値いっぱいで観た第2章。。。でしたが。。。

ひと言で感想を言えば

本当に面白かった!

この面白さはやっぱりイケメン効果なのか

それとも、もう「ロード・オブ・ザ・リング」は戻ってこない、と私の中であきらめがついたからなのか・・・笑.gif

と言う問題じゃないほど面白かった。

カスピアン王子に関しては、観る前と、ちょっと感想が違うのですが。。。笑.gif
それは、後ほどネタバレで。


何せ第1章のようにグタグタしてません。物語がスピーディ。そして、明快。そしてスリリング。戦闘場面は緊張感と高揚感でいっぱい。

失望、涙、感動。

そして、これだけは変わらない、美しい美しいナルニアの風景。。。

2時間半。あっと言う間でした。

泣けます。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


私の期待値を一挙に担っていたイケメン・カスピアン王子は、思っていたよりもずっとダメダメ王子でした。怒.gif

顔だけ~。。。みたいな。。。


でも、これはこの王子の成長物語でもあるので仕方ありません。

角笛を吹いてしまったあの時から。。。彼は決心しなくてはならなくなった。

歴史上初めての矛盾に満ちた正義。

それは、自らの国が過去に滅ぼしたナルニア国を救うこと

再びナルニアにやってきた兄妹は、また勇敢にもナルニアを救うためにカスピアン王子と組んで立ち上がる。

しかし、計画は上手く行かず仲間をたくさん死に追いやってしまう。


解決策は、そう、アスランなのだけれども、ピーターはどうしてもアスランが再び現れることを信じることが出来ない。

ルーシーだけは初めから言っているのです。

あっちで死ぬか、こっちで死ぬかなの?
他に解決策はないの?


そして、最終的に最初から最後までアスランを信じていたルーシーによってナルニアは救われる。

最後に元の世界、イギリスに戻る木の穴を通る時、私たちは気付くのです。


ピータースーザンは、もう再びナルニアに来られる日は来ない。
それは、アスランを信じることが出来なかったから。つまり、大人になってしまったから。

これは悲しむべき事なのか、と言うと決してそうではない。

彼らは成長した。物語の世界には、もう戻れない。これからは現実の世界だけで生きていくのです。

だから、スーザンは、カスピアンに別れを告げた・・・

第1章以上に、兄妹の成長物語をしっかり描いた結末になりました。

ただ、私としては、せめて現実の世界の方でのカスピアンと言う人間を作って、スーザンと会わせてあげたかったな。。。

恋の結末は、切ない大人の別れとなりました。

・ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 公式HP

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛@映画生活トラックバック