映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】この世で一番残酷な童話

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
~Sweeney Todd : The Demon Barber of Fleet Street~

  


監督: ティム・バートン
出演:  ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジェイン・ワイズナー

公開: 2008年1月


ティム・バートンジョニー・デップの強力タッグ。

もうオープニングからティム・バートンのオモチャのような映像世界が繰り広げられます。

美しい幻想世界。「コープスブライド」実写(実人物?)版と言った感じ。


ただ。。。

内容は鮮烈です。


モノクロ調の映像の中で流れる血の赤の鮮やかな事。
何度も目を伏せ、首を押さえた。

どれだけ憎んでも過去は戻らない。戻ってこないはずだったのに。

だから

ラストは多分、彼にとっては本望なんだろうな。。。。

      bara

大まかな感想は…私には、やっぱりミュージカルはダメだわ。(タモリさんじゃないけど~)

映画見ながら、同じ残酷ならばもう一回「フロム・ヘル」が見たいな。同じティム・バートンとクラシカルなジョニーならば「スリーピー・ホロウ」が見たいな。とか思ってた。

終始眉間にシワを寄せたスウィニー・トッドは可哀想だった。幸せなジョニーを見たいとムショウ~に思いました。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 公式HP


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師@映画生活